海外でも人気が出そうな印鑑

印鑑イメージ

印鑑は日本をはじめとした、アジア方面での活躍が目覚しいものです。
古くから伝わっているものではありますが、これを最初につくった人はまさかこんな先の時代まで、印鑑の技術が伝わっているとは思いもしなかったのではないでしょうか。
しかも、印鑑が世の中において、非常に重要な役割をもつことも多いのです。

もし印鑑が無ければ、世の中はどうなっていたのでしょうか。
サインを主に使う国と言うものもありますが、印鑑に比べれば、手軽なイメージが強いですよね。

でも、アジア地域以外の人が、几帳面に印鑑を使って書類一枚一枚に丁寧に印鑑を押しているイメージはちょっと想像がつきません。
途中で投げ出してしまいそうな気がしますよね。

海外の方が、日本に来たときに、印鑑をつくる経験をしたという人も多いようです。
日本で部屋を借りたりするためには印鑑が必要となりますから、たとえ印鑑を押すのが苦手でも、持っておかなければいけませんからね。

それでも、押しやすい印鑑があれば、海外でも人気が出そうな気がします。
ただ、漢字の印鑑ではわかりづらいですから、サインしたものを手本として、オリジナルの印鑑をつくるわけです。

また、小さいものより大きいものを好む人が多いでしょうから、サイズもかなり大きめにしてみるといいでしょう。
そうすれば、力の加減を難しく考えなくても綺麗に印鑑を押せるはずです。
これが世界中に広まれば、いちいちサインをしなくてもいいですから、楽になりそうなんですけどね。

ページの先頭へ